今注目される納骨堂

お焼香

納骨堂をお探しでしたら評判がいいこちらの施設がオススメです!このサイトで詳細をチェックしましょう!

納骨堂とは、簡単に言い換えると、「室内墓」のことです。
現在、主流なのはよくあるお墓ですが、それらは「室外墓」と呼ばれています。墓地は、山の中であったり、遠方にあったりと、お参りに行くのもなかなか大変なものです。
しかし、「室内墓」である納骨堂ではらば、天候などあらゆる理由に左右されずに、お参りに行くことが出来ます。また、若い内はフットワークも軽く、室外墓である従来のお墓にもお参りに行きやすいかもしれませんが、年老いてくると何かと大変なことも出てきます。室内墓である納骨堂は利便性があり、また、バリアフリーなので、そういった様々な悩みを解消してくれます。
更に嬉しいポイントとして挙げられるのは、従来の室外墓よりも、費用が安く済むということです。一般的なお墓は、永代使用権(土地代)であったり、墓石の費用など、数百万円もの費用がかかります。しかし、納骨堂でしたら、使用料や管理費のみなどで済みます。ですから、一般的なお墓を支度するよりも、費用は控えめに済ませることができるのです。
まだまだ納骨堂にはメリットがたくさんあります。
ひとつめは、管理や維持の面です。従来の室外墓ですと、お掃除やお手入れなど大変な作業も多いのですが、納骨堂ならば、管理や維持は全て寺院が行なってくれます。ですから、手ぶらでお墓参りに行くことも可能ですし、今までのお墓よりも簡単にお参りができます。
ふたつめは、従来の室外墓では無縁仏になってしまうと、撤去されてしまう心配などがありました。しかし、納骨堂は事情があってお世継ぎのいない方にも安心していただけます。何故なら、寺院が責任を持って供養をしてくれるからです。納骨堂には永代供養を取り扱っているものもあります。
今、室外墓ではなく「納骨堂」という選択をする方が増えてきています。それは、こういった様々なメリットがあるからなんです。

納骨堂の運営母体

遺骨を持つ男性 納骨堂の運営母体はどのようなところがあるのでしょうか。大きく分けて納骨堂には3パターンの運営母体があります。寺院・公営霊園・民営霊園などがあります。それぞれの詳しいご紹介をしていきます。

納骨堂へ納める費用

墓地 納骨堂に納めるための費用はどれぐらいかかるのかをご紹介します。ここでは従来の室外墓にかかる費用と、納骨堂にかかる費用の比較などもしながら、納骨堂がいかにリーズナブルに利用出来るのかをご説明していきます。

選べる納骨堂4タイプ

香典 納骨堂と一口に言ってしまっても、実は4パターンに分けられます。ここでは基本的な4パターンの紹介を、それぞれのメリットと共にご紹介していきます。ロッカー式・仏壇式・墓石式・機械式、それぞれに良いところがあります。